スズキ純正ヘルメットホルダー 取付

2015年09月21日

V-STROM 650にはヘルメットホルダーが無く、
不便を感じている方は多いと思います。

一方、社外品は場所が地面に近すぎる事や、専用のキーが
増える事で装着をためらっている方も多いと思います。

そこで、これらの悩みを一挙解決出来る、スズキ純正
ヘルメットホルダーを紹介したいと思います。

まず、DR400系のホルダーを購入します。
キー溝が V-STROM 650のものと合うのでキーを差せます。

そして、キーシリンダーを分解して適合すれば、ナント!
自分の V-STROM 650 のキーで開閉出来る様になります。

しかし、作業は Y's PIT (ワイズピット) にお任せしたので
ボクは詳細が分かりません。

訪れた時には、スペアキーで適合は済んでました。

取付場所は、シート脱着用のキーシリンダーが付いている
樹脂パネルです。

そして、樹脂パネルを固定しているビス穴を利用して
ホルダーを固定します。

ここは裏に鉄のプレートが入っており、強く固定出来、
ヘルメットの重量にも十分耐えられます。

見事にカメラのピントを外してしまいましたが、
ホルダーの裏には位置決め用の突起があります。

取付作業の工程はシンプルです。
1) 樹脂パネルにこの突起をはめる穴を開ける。
2) 左側のビス穴で、ホルダーを車体に固定する。



ところで、どうでもいい事ですが後ろで自転車を修理してます。

小田急 鶴川駅 がスグなので自転車や原付など
生活の乗り物を持ち込むお客がどんどん来ます。 (忙しそう)

勿論、ビッグバイクのお客も来ますよ。

お客は電車で出かけて、夕方駅に戻ると乗って帰宅出来る。
なるほど、商売の仕組みが上手く出来ている。

ちなみに、手際よく自転車を直してるのは女性スタッフです。
(やるなぁ)

話を戻して・・・

シンプルな作業工程と言っても実際の作業はスキルを要します。

入念に位置を決めたら、慎重に穴を開けてゆきます。
店長の手つきから緊張感が伝わってきます。

細いドリルで下穴を開けてから、
突起に合う大きさの穴を開けます。

ボクが横でジーッと見てるとやりにくそうだったので
この先は、遠くで雑誌を読みながら待つ事にしました。

お待たせ! 出来たよ〜!




イヤ〜素晴らしい。
純正品なので全く違和感がありません。


今、V-STROM 650 を買った人に無料で
付けていて好評だそうです。 (買うの早まったかな?)

ヘルメットを掛けるとこんな感じです。

ゴチャゴチャな写真で恐縮です。

こんな感じで実際に操作してみると
メインキーのありがたみを実感します。



費用の概要

・純正ヘルメットホルダー 5000円
・作業工賃          2000円
・合計             7000円



純正部品の価格が高い印象ですけど、
工賃はリーズナブルだと思います。



メニューに戻る