V-STROM650 ローシート について

2015年02月15日

足着きの悪さはアドベンチャー共通の悩み
ですよね。

ボクのV-STROM650は購入時に
ローシートに交換しました。

車高を下げるリンクプレートは、本来のサス特性が
失われそうなので付けてません。

この写真はノーマルシートなのですが
今日初めてこのシートで走ってみました。

171cm 60kg だと両足ツンツンです。
片足でも危ない感じです。

特にオーバーパンツを履くと足着きは
一層悪化します。

バイクを倒すのは時間の問題でしょう。
なのでスグ外しました。

こちらは、ローシート。

上との違いがよく分かりませんよね。
見た目通り、足つきは十分とは言えません。

でもノーマルに比べると安定感が
増すので、今はコレで頑張ってます。

ヒヤッとする瞬間は、傾斜地、くぼ地、
わだち、出会い頭の急停車 などです。

停車する前に左右どちらの足を出すか
状況を見て毎回考え緊張します。

今のところ出す足を間違えても
バイクが軽いので支える事が出来てます。

でも悪い条件が2つ、3つ重なったら・・・
この先も大丈夫という保証は無いです。

購入直後なのでこの先、頻繁に倒す様なら
リンクプレートも考ようと思います。

上2枚の写真をGIFアニメにしてみました。

こうやって見ると確かに違いがありますね。



ローシートのメリットは他にもあります。

着座位置が下がり、体がカウルの陰に
隠れる事で風が当たりにくくなります。

スクリーンを最上段にするとすごく静かで
平和なクルージング環境が得られます。

100km/hでもそよ風程度ですから
高速クルージングの疲労が全く違うと思います。

身長170cm前後で少し猫背の人なら
いい感じになると思います。



前に戻る