12V シガーソケット取付

2015年03月08日

V-STROM650に12V シガーソケットを
取り付けます。

場所はいつもお世話になってる Y's PIT です。







前乗ってたGS1200SSがオーバーホール中でした。

位置決めしたらソケットを入れる穴を開けます。

まずはドリルで下穴を開けます。

店長が緊張しながら慎重に穴を開けて行きます。

こういうダイナミックな作業を
お客に見られながら行うのは余計に
緊張すると思います。

次にリューターの登場です。

さすがプロのショップならではの
ツールですね。

下穴を丁寧に仕上げつつ
ソケットが入る大きさに広げて行きます。


でも虫歯治療の様な不快な音がします。


条件反射で思わず体にグッと力が入りますね。(笑)

ソケットを当てながら、穴径を調整して行きます。


このソケットは、アマゾンで購入 して
お店に持ち込みました。

穴にソケットが入ったら完成!


純正っぽくスマートに着けられて満足です。



抜けない様に裏から樹脂ナットで
締め付けてあります。



元電源はアクセサリーから取ってるので
キーOFFで電源が切れます。

ラバーキャップ付きなので
多少の水には耐えられそうです。


USBソケットも付属してるので
USBタイプ、シガータイプ 両方に給電出来ます。


ちなみに、この作業にかかった工賃は
新車購入時のサービス特典で無料でした。


作業はコレだけじゃ無く、アクセサリ電源からの
分岐配線の作成や、電源ソケットのコードへの
ギボシ取付、車両部品の脱着などなど
付随する様々な作業工賃がみんな無料。


その分値引きが渋いという事は無く、
引き合いに出した他店を上回る額まで頑張ってくれました。



メニューに戻る