2016車山ハイキング ツー の巻

2016年07月10日

気に入っちゃったので今年も行きます
車山。

途中、中央道の釈迦堂PAで休憩。

シュールなモニュメントがいい味出してる。

隣接する釈迦堂遺跡博物館の
宣伝みたいです。

今度行ってみようかな。

しかし、天気予報が外れて曇ってるしー。

野辺山で 八ヶ岳 撃沈! ・・・の巻。

でも、高原レタスが旨そう。

気を取り直して八ヶ岳高原道路で
県立まきば公園へ。

雲多いなぁ。

八ヶ岳は雲の中だったけど
ココはまあまあ晴れてる。

小淵沢からエコーラインで高原の空気を満喫したら
白樺湖に到着。

毎度ここは別世界。

涼しい〜。

車山肩のチャップリン前に到着。

早くも駐車スペースは全て埋まってる。
だけど、デッドスペースにバイク置けました。

バイクウエアをパニアに入れて、靴を履きかえて、
飲料、食糧、カメラをリュックに詰めます。

ニッコウキスゲが今年一番の見頃を
迎えてますから、人が多いです。

でも、目指すのワァ〜〜

ココ!

それじゃー行ってみようか。

ニッコウキスゲが満開ですから、
梅雨の中休みですから、
登山者が多いです。

それにしても歩きにくい道です。

みんな足を取られてます。
そしてブツブツ文句言ってます。

何なんだよ この石コロ!

今回はそういうもんだと思って来たので
あまり気にならなかった。

一面黄色。
ニッコウキスゲ、なかなか見応えありますね。

最盛期に来たのは初めてです。

でも混雑を想定して3時半起きだったから少し眠い。

撮影しながらゆっくり歩いて
30分で登頂!

みんな口々に・・・

スゲーーー!




を連発。

去年、ショベルカーで何やら工事してた所は
大して変わってなかった。

でも人気あって、参拝の行列が出来てます。


さて、ランチの場所を探そう!

いい場所見つけました。

この景色を見ながらお昼にします。

食事の後は周辺を散策。



リフトでも気軽に来られます。

でも、歩いて登った方が感動が断然
大きいと思います。

リフト乗り場。

景色いいから、冬のスキーも気持ち良さそうですね。

リフトに沿って階段があります。

登ってくる人はほとんどいませんが、
降りてく人は結構いますね。

因みに徒歩で登る人の大半はボクが通ってきた
山の反対側から来ます。

リフト側は高低差も距離もあって大変みたいです。

この辺りでもっとも高い場所なので
他のハイキングコースも見下ろせます。

高低差が少ないコースはスゴイ人気ですね。

諏訪湖。

帰りに撮影した沿道のニッコウキスゲ。

群落は高圧電線に囲まれた中にあるのですが、
こういう所に自生しているのは珍しい。

動物に食べられず生き残れた様です。

因みに、登るときは道の向かい側にもひとつ
咲いてたのですが、帰りには見つけられなかった。

どういう事?

最近流行ってるそうですが、困ったちゃん達です。

トレイルラン。

かなりのスピードで下ってくるので接触事故の危険が高いですし、
景色を楽しみながら静かに歩いてると後ろから ダッ ダッ ダッ と
速いペースの足音であおられるのでいい気持ちがしません。

恐らく北欧の森など人口が少ない地域で始まったのでしょうが
日本の観光地では無理があります。

そして特に今日はダメでしょう。

周囲の状況を見れば分かりそうなものですが・・・

山肌をかすめるグライダー   カッコいい!

トンボも負けじと滑空してるし・・・

みんなそれぞれ霧ヶ峰の夏を楽しんでる。

さて、下まで降りてきました。

ニッコウキスゲの群落を見に行きます。

スゲーッ  圧巻!

高圧電流やらないと
みんな食べられちゃうのかな?

次に、車山からほんのちょっと移動して
霧ヶ峰でお買いもの。

隣でグライダーが軽やかにテイクオフ。

5000円くらいで乗せてくれないかな。

お土産買ったし、名残り惜しいですが
蒸し暑い下界に戻る事にします。



ツーリングメニューに戻る