車山ハイキング ツー の巻

2015年05月30日

今日は以前から行きたかった車山登山を
実行したいと思います。


厚木6:30出発で中央道 双葉SAに8:30到着。

快晴で後ろに富士山もよく見えてます。

連休でもないのに駐輪場には入れなかった。
双葉SAではあまりない事ですね。

かつての清里高原有料道路で
八ヶ岳高原大橋に到着。

人工物ですがチョット感動的です。

そして定番の平沢峠。

ファインダーを覗いてると
カタログ写真の中に入り込んだ様な感覚。

この風景を見ながらのツーリング。

心躍ります。

トコトコ、畑の一本道。

このバイクのエンジンが光ります。

次に、かつての八ヶ岳高原道路に乗り替えて
山梨県立まきば公園 に到着。

ココでお土産買うとソフト100円引き券を
くれるのですが、まだ開店前でした。 (残念)

ふもとに降りて八ヶ岳エコーラインを快走。

広域農道という事ですが素敵過ぎる。

田植え真っ盛りの脇道で道草。

南アルプスの甲斐駒ヶ岳もよく見える。

クローバーが咲いてここは春真っ盛り。

大門街道で白樺湖へワープ。

日本じゃないみたい。


心が癒やされますね。


海外の買い物ツアー客には秘密にしていたいなぁ。

丁度、ツツジが満開で
オレンジの鮮やかな花が綺麗でした。


車から降りて鑑賞してる人もチラホラ。

こんなに濃い緑は初めてかも。

ビーナスラインの富士見台。


ボクは富士山よりこっちの景色が萌えます。

谷を隔てた対岸になだらかな
車山肩の風景が見えてきました。

間もなく目的地に到着です。

車山肩に到着。

ここまで素晴らしい絶景づくしでした。
しかしそれは、過去何度も見てきた風景でもあります。


さて、ここからが本日のメインイベント。
そして未知の領域でワクワクしてきます。

ここで靴を履き替え、リュック、水筒、お昼ご飯
を持って歩き出します。

メットもジャケットも脱ぎ捨てて。

本日のターゲット。

あのゴルフボールを目指すのだ!

登山口は意外とショボかったりするけど。

見事なクマザサの斜面。


7〜8分歩いたかな?

結構な距離を歩きましたがまだ全行程の1/4位。


しかし、少し高度を上げるだけで、
見える世界が変わります。

S字コーナーの全景。

その向こうには滑空場。


なるほど、そういう位置関係だったのね。

今日も元気にカッ飛んでます。

更に20分ほど歩くと・・・・

おっ、近づいてきましたね。

傾斜が緩いので運動不足なボクでも
ハアハアしません。

ゴルフボール いや、車山山頂 1925m に到着。


2000m級の世界ですね。


特に苦労は無かったけれど
いつも遠くに見上げていたゴルフボールを
目の前で見られてちょっと嬉しいです。

このゴルフボールは気象レーダーだそうです。

山頂からは、以前行った王ヶ頭がよく見える。


あそこで食べたコンビニ弁当、うまかった〜

諏訪湖もチラッと。

乗鞍かな?

御嶽山はギリギリ見えた。
田ノ原駐車場には行ける様になったのだろうか?



他に 八ヶ岳、富士山、南ア、中ア、北ア・・・
色々見えます。

眼下には八島湿原。

アップにすると湿原近くの丘に
大勢の人が見えます。


そのずっと先にも小さく人が見えます。


ハイカー多いですね。

犬の散歩?

結構見かけました。

反対側の斜面にはリフトがあって
楽々上がってこられます。 (登るとは言わない)

車山神社は再建中でしょうか?


このショベルカー、超ボロいのですが
動くのかなぁ?

不法投棄だったりして?

王ヶ頭もそうでしたが、このあたりの地形は断崖絶壁。
しかも木が生えてないので見晴らしが最高。

毎年野焼きして人が維持管理しています。

平安時代から草を採取する場所として使われてきたそうなので
1000年以上維持されてきた草原なんですね。

なので組合の私有地という看板が所々あります。

みんな口々に スゴイ! 来て良かった!
と言ってました。


確かに、お勧めです。


少しバイクから離れてみると
見え方が随分違って来ると思います。

さて、この景色を楽しみながら
簡単なお昼ご飯にします。

袋が膨らんでました。 (笑)

ベンチからのながめ。

左に八ヶ岳、右に南ア、中央に富士山。

普段より美味しく感じます。

グライダーも近くに見える。


この人達はいつもこんな絶景を
楽しんでいたワケですね。

さて、山頂でゆっくりしたら下山です。


実は登り30分、下りも30分かかりました。


通常、下りが早いと思うのですが、
一面の岩が影響してる様です。


ゴロゴロよく転がるのでゆっくりとしか歩けないんです。
何度も転けそうになりました。


全く迷惑な! 誰がこんなものを敷いたのか?

敷いたのではなく、そういう地質みたいです。

笹の中も岩だらけで、今にも歩道に
転げ落ちそうになっています。

こういうガレた場所は登山靴が良さそうです。

ボクは軽快なジョギングシューズ持参でしたが、
靴底が柔らかすぎて岩の上でグニャリと変形し
とても歩きにくかったです。

変形した靴の中で指同士が擦れて
ヒリヒリしてきました。

勿論ジョギング、ウォーキングには足の形状に
フィットするので最適なのですが・・・

街では重くて固くて歩きづらそうな登山靴ですが
こういう場所では威力を発揮しそうです。

下山している途中、ヘリの音がして、
滑空場に降りるのが見えました。


その向こうから赤灯回した消防車と救急車が・・



救急搬送みたいですね。

さて、ヘリの世話になる事も無く、
無事下山してきました。


道路が近づいてだいぶやかましくなってきました。


ちゃんと車検対応マフラー買いましょうね。

車山肩から車山を振り返ってみました。


この辺り一帯は、景色が雄大なので
車山の大きさがイマイチ分からない。


ちょっとした丘にしか見えないですよね。

でもズームすると、人の大きさから
大きな山である事が分かります。

上の方を歩いてる人がやっと見えますが、
かなりの高低差を移動する事がわかります。

でも、70代と思われる女性、幼稚園位の子供や
チワワみたいな小型犬まで歩いてたので
取っつきやすい山だと思います。

是非お試し下さい。

意外とバスを利用する人が多かったです。


もしかすると反対側に駐車してリフトで登り、
こっちに徒歩で降りた人達かもしれませんね。


体力に合わせてそういう楽しみ方も良さそうです。

最後に霧ヶ峰でお土産購入です。

隣の車が格好良かったので
一緒に撮りました。


ビーナスラインでオープンカーは最高でしょうね。

戻りながら写真撮影。

グライダー、有料で乗せてくれないかなぁ。

意外と儲かったりするかも。

ライダー垂涎のS字コーナー。


基本的に来た道でゆっくり帰ります。


で、燃費ですが29.8km/Lでした。


今日は試しにハイオク入れてみたのですが
これまで、28.5km/L 前後だったので微妙です。


価格差以上に燃費改善し、運転もしやすく、清浄剤も
入っているのでハイオクがお得と石油会社の人が言ってた。


低回転のトルク増大を期待したけど、分からなかった。
素性が良いENGなので感じにくいのかな。


まだレギュラーが1/4ほど混合状態なので
もう少し使ってみます。



ツーリングメニューに戻る