BW'S で熱海探検 ツー の巻

2013年3月3日

今日はBW'S (ビーウイズ) で、熱海へお出かけです。

大型バイクで走れない所を攻めます。

攻め処 其の一 「こゆるぎの浜」

道が狭く、ほとんど人が来ません。

美しい景色を独り占めです。

攻め処、其の二 「根府川鉄橋」

余部鉄橋と並ぶ鉄の聖地も防護フェンスで、もはや聖地にあらず。

しかし、 伊豆の旅番組には必ず出てきます。
今日はじっくり拝みに来ました。

まず、橋の近くにバイクを停めて歩いて調査。

下から見上げると重厚感があります。

周辺を散々走り回った挙句、たどり着いた場所。


あんな所にBW'Sが!

みかん畑の作業道を歩いて登ってきました。

紅梅が咲き綺麗です。。

真下はトンネル。

農道があり、原付バイクなら気軽に来られる事が判明。

いや、なかなかの眺望ですよ。

攻め処 其の三 「走り湯」

熱海のほんのチョット手前、伊豆山温泉。
そこでいつも目にする 「走り湯400m」 の案内標識。

道が超狭いので、行くのをためらってましたが
やっと来る事ができました。

蒸気あふれる横穴。

で、その手前にある右側のドアを開けます。

温泉旅館による無料の案内施設です。

昔、横穴から湧き出した温泉が浜に流れ出ていた様子から
「走り湯」 の名が付いたそうです。

伊豆の地名もここの湯が溢れ出る 「出湯」 (いゆ) が語源らしい。

それじゃあ お待ちかね、穴に突撃!

あれっ、カメラが〜

中はミストサウナ状態で撮影できませ〜ん。
というか、カメラ内部も結露してる感じなので
電源を入れる事すら出来ませんでした。

顔が結露した。

奥へ10mほど進む事が出来て、家庭風呂ほどの
囲いがあります。

その中で温泉がボコボコ・・・と豪快に噴き出てました。 

写真の洞窟右下に古い木のフタが見えますよね。
この中をお湯が流れており、一部フタが開いてる所から
手を浸けてみました。

60℃位でしょうか? 一瞬なら指先を入れられます。

内部は気温が高く、冷え切った体を温めるには良かった。

但し、一人じっとそこに居ると温泉客の若い女の子達から
冷たい視線を浴びて、心が冷える事でしょう。

さて、いつもの熱海港に到着。

後ろの桜が・・・

開花してました !



来週末も来たいなぁ。

スクーターはすごく寒いので、コーヒーブレイクします。

マジで超寒かった。

GS1200SSって大型カウル+エンジン熱で
暖かいんですね。

いつものモーニング。 (\399)

隣に座った温泉の常連客らしき、お金持ち風お婆ちゃん二人組。

トーストじゃない方のパンを選択し、 (選べるんです)
「コレが美味しいのよね」 と、私のを横目に言っていた。

次は絶対それにする! 


ちなみに、彼女らが頼んだのは、卵料理やサラダが付いた上等なやつね。


そして ふと、外に目をやると・・・

ビーチで今週もナニヤラ やっとります。

イグベッ!

攻め処 其の四 じゃぁ〜。

早く青にな〜れ! 
っと信号待ちしていたら、下水のフタから蒸気が・・・

熱海だもんね。

オーッ!

ファンタスティック!

白い液体・・・。

名人の二刀流。

延びる、延びる〜 



・動画 その1

・動画 その2

・動画 その3



詳しくは 「しゃぼん玉日記」 で検索してみてください。





ツーリングメニューに戻る