カタナと山中湖 ツー の巻

2011年7月14日

今日はカタナ乗りになって間もない
PONさんと初顔合わせです。

厚木インターそばのコンビニで待ち合わせ。

かなり気合いが入ったカタナの登場で
圧倒されてます。

前のオーナーが装着したものだそうですが
オリジナルを生かした素敵なセンス。

PONさんからは、赴任先のミシガン州から
書き込みをして頂いてましたが、
帰国してGSの中古車を探す中、
このカタナに出会って決心されたとの事。

ワンオーナー車で、すごく綺麗に
手入れが行き届いてます。

挨拶と軽くバイク談義をして、
R246で御殿場方面に向かいます。

木曜日のツーなんですが、
平日のR246って もの凄く混むんですね。

トラックのオンパレードで厚木、伊勢原、秦野、
ずーっとノロノロ。

大井松田あたりから、やっと流れ始めました。

灼熱地獄と化したR246をほんの少し離れて
山北町の 酒水の滝 (しゃすいのたき) で休憩です。

マイナスイオン ってやつですか。
いや〜、みるみるリフレッシュしてゆくのが分かる。

無料駐車場の周辺では、丁度あじさいが満開で
絶好のタイミングでした。

少し空気も涼しく感じられ、バイク談義の続きが・・・

穴場です。

酒水の滝から、いつもの富士スピードウエイが
見下ろせる坂まで20分位かな?

写真撮影をしながら、また休憩。

PONさんは、道志はよく走られるそうですが
このルートは初めてとの事で、
楽しんでもらえてるようです。

カッコイイ。

山を越えると、山中湖がお出迎え。

このルート最大の見どころ。

今日は富士山が見えないけれど、
いつ来ても感動的なパノラマが広がります。

涼しくて風が心地よい。

フォークの突き出しが素敵なコックピット。

赤いタンクが緑に映えます。

止まる度にバイク談義炸裂で
なかなか前に進めないです。



このあとは、湖畔のファミレスでバイク談義
→道の駅どうしでバイク談義
→宮ヶ瀬に別れる所のコンビニでバイク談義
→解散 でした。

行程の半分はしゃべってたかな?
いつも一人なので、しゃべりたくなるのかも


PONさん、また行きましょう。






前に戻る