八ヶ岳一週 ツー の巻

2011年5月15日

実は2週間前、ビーナスラインへ行ったのですが
あいにくの悪天候で寒い上に、土砂降りの雨に
見舞われ、それ以来どうもモヤモヤして
気分が晴れない。

今日はそのリベンジという事で、八ヶ岳を目指します。

ここは、R20沿いの道の駅 甲斐大和。

笹子トンネルを抜けて、甲府盆地が
直前に迫る場所。

もうちょっとで、南アルプスが見えてくる
と思うと気分が盛り上がります。

6:30に出発して、下道で1.5時間で到着。
早朝は結構良いペースで走れます。

いい天気です。

甲府盆地を抜けて、韮崎でR20から
R141に別れ、八ヶ岳方面に向かいます。

道の駅 にらさき でお土産を物色するも
コレといって良いものが見つからず
すぐに出発します。

山梨のお土産と言えば、信玄餅ですが
工場に行けば、賞味期限が近いものを
200円位で詰め放題出来るから
まともに買う気になれない。

そもそも、お土産って高いですよね。

漬け物だって、同じようなものが
スーパーで1/3位の値段で買えるから
そういう事考えると買えなくなってしまう。

この辺りは南アルプスがよく見えます。

右の山が、甲斐駒ヶ岳かな?

この時期は、雪が残っているので
山が雄大に見えます。

遠くへ来たなぁ  と、実感が湧きます。

しかもバイクだと、それがことさら強く
感じられますね。

更にR141を進んで八ヶ岳がよく見える
野辺山高原まで登ってきました。

畑はこれから耕すみたいです。

そろそろ、本格的な作付けが
始まりそうな雰囲気です。

以前、夏に来たときは一面のキャベツ畑に
圧倒されました。

その時期に、また遊びに来たいですね。

すぐ近くに、JR鉄道最高地点という
場所があるので行ってみました。

小海線ですね。

標高 1375m もあるそうです。

大分の鶴見岳と同じ高さ。
神奈川で人気登山スポットの
大山より120mも高い。

いずれも下から急激に立ち上がる
険しい山なので、崇高な感じがします。

大山は確かに信仰の山です。

そんな高いところに、広い平地があって
農業が盛んと言うのが何とも不思議な
感じがします。

今日は暖かいし、八ヶ岳がよく見えて
ツーリング日よりです。

ここまで登ってきても寒くないです。

近くに 国立天文台 野辺山 があるので
寄ってみました。

色んな電波望遠鏡があります。

これは、ミリ波干渉計です。

何台かを連動させて観測するもので、
直径600mのパラボラに相当する
能力があるそうです。

右奥が直径45mの巨大な電波望遠鏡です。

ここの目玉ですね。

ミリ波のパラボラとしては、世界最大
だそうです。

周辺の小さいやつが、電波ヘリオグラフで、
太陽を観測しているそうです。

84台も並べて、直径500m相当の
性能があるらしいです。

とにかくスケールがでかい。

ちなみにここは、立ち入り禁止区域。

前を歩いてた人につられて
入ってしまいました。

R141を八ヶ岳に沿って北上し、
松原湖方面に道をそれました。

景色の良い直線や、
適度なワインディングあり、
とても快適な道です。

途中でR299へ合流します。

通称 メルヘン街道。
ドイツのメルヘン街道から取ったそうです。

ここは、八ヶ岳の北側を横切る
麦草峠の頂上手前です。

そこら辺の雑木林という感じですが
なにげに標高2000mの表示。

どうりでエンジンの力が落ちるワケだ。

麦草峠を下って、八ヶ岳エコーラインという
広域農道に入ったところ。

八ヶ岳の南側になります。

前方には再び、南アルプスの
甲斐駒ヶ岳が見えてきました。

八ヶ岳は写ってませんが、
左手すぐそばに見えています。

しかし、この道も素晴らしい。

コーナーはそれほど無いけれど
道幅が広く、南アルプスや八ヶ岳を
ながめながら ゆったり走れます。

人気ルートみたいでバイクが多いです。

そして背後には、2週間前に
えらい目に遭った、ビーナスラインの
車山がそびえ立ってます。

頂上のレーダードームですぐ分かりますね。

あっちは、夏の方が良いかも。

帰りは、甲府盆地までR20で行き、
あとは高速に乗ります。





前に戻る