伊勢志摩 ツー の巻

2009年6月12日

今日は金曜日。
ですが、会社はお休み。

平日ツーリングなんて滅多にないチャンス!

なので、昔からあこがれていた
伊勢志摩ツーを敢行します。

岡崎の家を5:45に出発!
豊橋市の凄まじい渋滞には、シビレましたが
渥美半島に入ってしまえば、快適な道が続きます。

ここは、前回のツーレポでも紹介した場所。

椰子の木と一緒に、あじさいが咲いて
沿道に彩りを添えています。

ここも前回と同じ撮影ポイント。

表浜と呼ばれる浜松まで続く綺麗な砂浜が
見渡せます。

ここも思わず立ち止まってしまう場所です。

丁度、ガードレールが外側に膨らんでる
所が駐車ポイントです。

走ること2時間、
7:45に伊勢湾フェリー乗り場であり、
道の駅でもあるクリスタルポルトに到着。

前回は、ここで折り返しでしたが、
今回は、海を渡っちゃいます。

8:10の始発便が口を開けて待ってます。

出航10分前。
GS君が最後の乗船客です。

あのバイク早く来ないかなぁ。 
という感じで、係員が待ち構えてます。

船の斜め前から撮影したかったのですが、
あきらめて、速やかに乗船します。

今回の乗船客。

平日の始発便という事もあり、少ないです。

船首から乗り込み、船尾に向かって
駐車してします。

バイクは左側に2台。

初めて海を渡るGS君。

緊張してる?

ベルトで船体に固定してくれます。

毛布で保護してくれるので安心です。

甲板に出てみました。

渥美半島の先端、伊良湖岬です。

この延長線上に伊勢志摩の玄関口、
鳥羽港があります。

目と鼻の先だと思うのですが、
今日は霞がかかって対岸が見えません。

8:10 定刻に出航。

船は一端、鳥羽と反対方向に出港してから
グルッと180度反転します。

わずか55分の船旅ですが、ゆっくり体を
休めることが出来ます。

この時、つい外をながめたり、船内をうろうろしたり
遊んでしまいがちです。

ですが、そういう事はほどほどにして
広いザコ寝スペースでちょっと寝た方が
体力&気力が回復するので、お勧めです。

嬉しくて船内でウロウロ、窓からキョロキョロ
していた管理人は、休む間もなく鳥羽に
到着してしまいました。

憧れの、伊勢志摩に到着です。

ワクワクしますね。

まずは、伊勢志摩スカイラインに向かいます。

鳥羽港から程なく、伊勢志摩スカイラインに
入る事ができます。

高度をぐんぐん上げてゆくと、すばらしい
伊勢のパノラマが目に飛び込んで来る・・・
ハズだったのですが、ちょっとガスってます。

でも、まずまずの視界です。

平日のためか、観光バスもクルマもほとんど無く
貸し切り状態で、気持ちよく走れます。

路肩に止めての写真撮影も気兼ねなく
出来ます。

写真を撮っていると、道路保守をしていた
おじさんが、バイクと一緒に撮ってあげましょうと
声をかけてくれたので、お願いしました。

ズームを動かしたり、立ち位置を変えたり、
立ったりしゃがんだり、おじさんも結構
カメラ好きなのかな? っていうか
こういう作業、結構はまるんですよね。

おじさんの話によると、この時期はどうしても
ガスってしまうので、クッキリとした景色を
楽しむには秋が一番良いとの事でした。

秋にまた、家族とETC割引で来ようかな
と思った次第です。

おじさんに教えてもらった日産スカイラインの
CM撮影現場。

今ならここでCM&カタログの写真が見られるかも。

スカイラインの写真もちょっとガスってるかな?

撮影はミリ単位でクルマの位置を動かして
最適な位置を決めていたそうです。

伊勢志摩スカイラインの頂上、朝熊山です。

伊勢市から鳥羽市にかけてワイドな
パノラマが開けます。

おじさんが言ってましたが、空気が澄んでいると
富士山が見えるそうです。

ほとんど駐車車両は居なかったのですが、
福岡ナンバーのバイクで下道ツーリング中の
お兄さんと会話しました。

転職活動の合間に、北海道まで行くそうな。
私は海外旅行でした。 お気をつけて!

朝熊山の展望台から見た鳥羽方面の
景色です。

リアス式海岸特有の地形ですね。

個人的に、一直線の海岸より入り組んだ
海岸が好きかもしれません。

瀬戸内海の様に、無数の島が浮かぶ景色にも
魅力を感じます。

変化があるからでしょうかね。

あと、帰宅してから気づいたのですが、
伊勢志摩スカイラインのHP
割引券を入手出来ます。

朝熊山の展望台には、足湯もあります。
ここに座って、景色をながめるのも良さそうです。

但し、今日は暑いです。

足湯の中に手を入れてみましたが、この時期でも
温水が循環してました。

さすがに最近は使われてない模様。

葉っぱなどで中がちょっと汚れてました。

さて、山を下りると次は伊勢神宮です。

伊勢神宮の鳥居のすぐそばに
2輪専用の駐車スペースがあります。

が、ご覧のようにレンタサイクルや、ママチャリが
停まっていて、怖くてバイクを停められません。

仕方なく歩道の隅っこにバイクを停めようとしました。
すると、タクシーの運転手から、もの凄い怒鳴り声と、
どけどけみたいなオーバーなアクションで
激しく怒られました。

仲間がいるという安心感で気が大きくなって
いたのでしょうが、この対応、良くないですね。

対抗して・・・これは失礼しました、そちらの
会社名とお名前を・・・とやるのも大人げないか。

とにかく、ここには停めたくないので、
ちょっと離れた4輪駐車場の片隅に移動しました。

五十鈴川にかかる宇治橋を渡って
境内に入りますが、工事中です。

式年遷宮(しきねんせんぐう)といって
20年おきに、橋などの設備や建造物を
順次建て替えてゆきます。

高温多湿の日本では家の寿命が欧米より
短いと言われますが、日本の気候風土を
踏まえた行事なのでしょう。

でも出雲大社は60年おきで、これほど全面的に
建て替えないそうなので、経済の活性化
などの側面もあるのでしょう。

江戸時代には、お伊勢参りツアーがブームに
なったそうですが、当時の宿泊、外食、旅行用品
など、多くの業界がその恩恵を受け、当時の
景気を支えていたのかもしれません。


改めて伊勢神宮ってすごいなぁ っと思います。

横の仮設橋から撮影したものですが
橋だけでも大変な大工事です。

伊勢神宮は、古くなる前に定期的に新築するので、
いつの時代も同じ姿でピカピカの伊勢神宮を
見ることが出来ます。

むかし、ドイツへ旅行したとき、中世の教会や
お城が街中に沢山残っていたのを目にしました。

そして、足場を組んで修復や補強工事を
やっているのをあちこちで見かけました。

奈良や京都だって古いものを大切に残してますが
ここは、そういう文化とは違うんですね。

さっきから、対岸の現場からトントン・・・と
何かを叩く音が鳴り続いています。 何だろう?

ちょっと行ってみます。

宮大工さんでしょうか?
白い作業服が綺麗でビシッとしてます。

3人で角材の表面を金槌でひたすら叩き
続けてます。

よく見ると、力を入れないで軽く叩いてます。

金属部品を加工するときに、表面に無数の
鉄の粒子をぶつけて表面を固くする工法が
あるのですが、木材で同じ様な事を
やってるのかな?

シロウトにはちょっと分かりません。

宇治橋は平成21年完成予定です。

この橋を渡り終えた所から延びるのが
伊勢神宮のメインストリートです。

平日ですが、さすがに人は多いですね。

境内を歩いてゆくと五十鈴川のほとりに
出る事が出来ます。

境内を流れる様は、神秘的で美しいのですが、
上流には色々あったと思うので、手を水に
つけるのはやめた方が良いと思います。

神楽殿のひとつ、お札の販売所です。

むかし、ここでお守りを買って帰ったら
不幸が続いたので、通過します。

偶然でしょうけど、我が家には奈良の
お寺でもらったお札を置いてあるので
それとの相性が悪かったのかも。

一応、エンジニア業をやってるので物理で
解けない超常現象を信じる事は自らの
仕事を否定する事にもつながるのですが・・・

何かの意志を持った変な力は
この地球や宇宙空間に存在する気がします。

と言って信仰心は無いのですが・・

悶々と、考え事しながら歩いているうちに
正宮の前に到着。


カメラ撮影はここまで。

上ではガードマンが監視しています。

伊勢神宮は、至る所に目隠しの板壁が
立てられていたり、立入禁止になっていたりで
参拝客の見学はかなり制限されます。

特に正宮は、天照坐皇大御神
(あまてらしますすめおおみかみ) が祀られており
この奥で4重の壁に守られているそうです。

社殿の配置図はこちら。

ならば・・・

文明のリキだぁ!

ズーム! ズーム!

でも、これが限界。

鳥居の向こうは、しっかり目張りされており、
奥の本殿を見ることは出来ません。

何も見えませんが、お賽銭を投げて
Uターンとなります。

なんだかよく分からないので
神殿ぽい雰囲気の所を探して
境内を散策してみます。

これなんて、どうでしょう?

高床式の建物。

ミニ正倉院といった感じです。

割と新しい感じがします。

荒祭宮(あらまつりのみや)です。

天照坐皇大御神の別宮と言われてますが
今ひとつ位置づけがわかりません。

ここは近づくことが出来ます。

やはり新しくて綺麗です。

神楽殿の本体です。
お神楽は勿論、お払いなどの祈祷をする場所
みたいです。

どこからか、綺麗な雅楽が聞こえてくるので、
音の方向へ行ってみると、軒下のスピーカーから
音が出ていました。

こういう演出は、やらない方が良いと思う。

ちょっと感動の薄いお伊勢さんでしたが
門前町の おはらい町 はちょっといい感じですね。

あの赤福の本店があります。

店内で赤福餅を食べると、お茶を出してくれます。

単価は持ち帰りの箱詰め品と同じなので
お店で食べた方がお得感があります。


機械じゃなくて手で握ったものを
食べさせてくれます。

赤福餅の表面の凹凸は指で握った
形だったんですね。

今日のお昼は伊勢うどんにします。

前回、渥美半島ツーでおみやげに
持ち帰ったのですが、是非、本場で作りたてを
食べてみたくて、こちらの ふくすけ に
飛び込みました。

おお、出てきた!
伊勢うどん。

一般のうどんに比べて麺が太くて
歯ごたえがフワフワしてます。

延びてブヨブヨしてるのとは違います。
明らかに意図して狙った歯ごたえです。

のどごしは、フワ、スルっと非常に良い感触です。

だしは少なく、つけ麺風で色はかなり濃いです。
が、味は意外と薄くて上品です。

何とも深いコクがあるというか、色んな材料の
風味がうまく調和しており、とても旨いです。

讃岐に9年住んだ、うどん好きが納得する
また食べたくなるうどんでした。

さて、午後は、二見浦の夫婦岩に向かいました。

小学生の頃、隣のクラスの女性教師から
新婚旅行のお土産に夫婦岩の絵葉書を
らった記憶があります。

もらって困りましたが・・・

その夫婦岩の実物とご対面です。


干潮で陸とつながってます。

全景を撮すとこんな感じ。

なんと、岸からすぐの所にありました。

夫婦岩の駐車場は二見シーパラダイスの
隣にある駐車場が無料で使えるみたいです。

しかし、トンネルを越えた反対側にある
海沿いの無料駐車場の方が歩く距離は
少ないかもしれません。

今回は、トンネルの向こう側に停めました。

まあ、岩ですからそれ程感動するものじゃ
ないですね。

続いて、パールロードに向かいます。

ールロードは無料化された道ですが
すばらしい道です。

志摩半島のリアス式海岸が織りなす景観を
存分に楽しめますし、路面も綺麗です。

写真がうまく撮れなくて残念ですが
今まで走った道路の中でもトップクラスです。

ここは、バイクで走ってこそ価値が分かる道です。

リアス式の起伏に富んだ地形を縫うように
走るパールロードは最初から最後まで
飽きることなく楽しめます。

ここは、山岳路区間ですが、大抵の場所から
海がよく見えます。

パールロードを走り切って、英虞湾で最大の
賢島(かしこじま)に到着しました。

実は、カーナビの電源を節約のため切って
いた
ので迷子になってます。

賢島に来るつもりはなく、この近くの
横山展望台が最終目的地なのですが、
案内標識がどこにも無い。

ナビにも出てこない。

困った。

とりあえず、海をのぞき込んでみました。

英虞湾は真珠と牡蛎の養殖が盛んです。

この養殖いかだは、どっちかな?

水の透明度は低いです。

ここは外洋から最も奥まった場所なので
環境は悪そうですね。

養殖の牡蛎やアコヤ貝のフンで海底は
随分汚れているらしいです。

迷いに迷って、やっと横山展望台の
駐車場に到着しました。

割と知られた場所で、ここから撮影されたと
思われる写真をよく目にしますが、
道が超狭くてびっくりでした。

最近出来たばかりみたいな新しい道が
ありましたが、ナビにはありませんでした。

山頂方面に少し歩くと、
その展望台が姿を現しました。

どんな景色が見えるか、階段を登りながら
ワクワクします。

オー!

これはすごい!

外洋は遙か彼方。

どこまでも奥深いリアス式海岸が
眼下に広がります。

この景色を一目見たくて、5時起きで
ここまでやって来たわけですが、

いや〜 感動の一言に尽きます。

ズームすると、英虞湾の
奥深さが一層よく分かります。

迷路のような海は、一度外に出たら
自分の停泊地に戻るのが大変そうですね。

すごい地形です。

さて、残り時間も少なくなってきました。
鳥羽港へ向けて移動します。

パールロードで戻りたかったけど
志摩半島を横切る国道にします。

鳥羽に到着しました。

フェリーはちょっと前に出たばかり。

要するに、乗り遅れました。
1時間の待ち時間なら、パールロードで
のんびり帰ってくれば良かった。

暇なので、フェリーターミナルの屋上から
ミキモト真珠島をながめてます。

左の橋で渡るみたいです。

入場料1200円はちょっと無理かな。

創始者の御木本幸吉記念館 だと思います。

他にも色々施設があり、海女さんの
ショーもやってるそうです。

小島が点在する鳥羽は、島を往来する
船がひっきりなしに出入りしています。。

生活道路みたいな活気のある海です。

こうしているうちに、何か心地よい疲労感に
覆われてきました。

もうしばらく海をながめたら、帰りのフェリーで
昼寝しよう。




前に戻る