三河湾散策 ツー の巻

2008年10月12日

今朝もやって来ました三ヶ根山スカイライン。

かつての山中湖のごとく、ご近所コースの定番と
なっています。

朝からいい天気なので、今回もNEWレンズの
写り具合を試しながら進めて参ります。
(単にカメラで遊んでるだけ)

ここは、いつものパラボラアンテナ下の駐車場。

バイクから、うんと離れてズームで撮ってみました。

ズームで撮影すると、背景がボケてバイクがクッキリと
浮き上がるので、いい感じに写ります。

ちょっとバイクが日陰で暗いですが、
海に向けて停めたバイクの雰囲気はうまく
取り込めた感じがします。

日の当たってる側に回ってみました。

いつもより、写真の解像度を上げて掲載してるせいか
画像サイズを小さくしているにもかかわらず
一眼レフ&望遠レンズのクッキリ感が感じられます。

リアボックスの反射テープがかなりハゲてきてるのも
よくわかります。 

鮮明に写ると言うことは、粗もよく写るって事ですね。

少し場所を変えてみました。

バイクは日陰なのですが、偶然うまく光が
回り込んでくれて、レフ板で光を当てた様に
バイクが明るくなり、背景とのバランスがいいです。

秋口のさわやかな空気感まで伝えてくれます。

コンパクト・カメラではどうしても出来なかった写りです。
やはり、一眼レフにして成せるワザです。

生産終了の爆安カメラ&爆安レンズですが、
買って良かったです。

実はこのカメラ、一眼レフにして600万画素という
低画素なので、時代遅れの感があります。
これでは一般受けしませんが、低画素ゆえにノイズが少ない
綺麗な写真が撮れます。

この辺りの画素数に バランスの良さを感じますが
我がペンタが終了した今、600万画素機はニコンのみです。
今の撮影場所の全景です。

コンパクト・カメラで普通に撮ると、
多分こうなってしまいます。

バイクを真ん中に据えているので
何とも冴えないですよね。

これでも、結構な広角なので、最新のコンパクト・
カメラじゃないと、この広がり感は得られないでしょうけど。

普通のコンパクト・カメラだったら、もっと画角が狭いので
更に冴えないと思います。

バイクを真ん中からずらし、対角線を利用して
広大な三河湾のパノラマを取り込もうとしたけれど
うまくいきません。

海が東にあるので、朝日に向かってしまい
逆光がどうにもなりません。

斜めの構図がなんとも不自然で、フラッシュも変な当たり方です。
伸び放題の雑草もいけないですね。

午後の日光が良さそうですが、8:00までに入れば通行料が
無料なので、ビンボー人は朝しか来られません。

でも、肉眼だとすごく綺麗に見えているんですよ。

背景や、逆日光の処理、そして広がり感を出す工夫が課題・・・

ってな感じで、写真は思い通りにいかない分、
奥深くてどんどん面白くなってきます。

さて、三ヶ根山を降りて蒲郡市の竹島にやって来ました。

さすがに逆日光じゃないので、うまく写ってますね。

夏の暑さで、海苔みたいなのが大発生。
海岸が緑色です。

この海草、みそ汁に入れると味と香りが良くて
旨いんですよね。

名前はアオサだっけ?

さっきの三ヶ根山スカイラインがよく見えます。

標高300m程度の小山ですが、眺望が良いので
お勧めです。

Rが小さ過ぎたり、距離が短かったりして
大型バイクは走りを楽しめませんが
気分転換にはもってこいです。

橋の上でカモメに餌をあげてる人がいました。

いっぱい集まってきます。

こういう写真は、望遠レンズならではのものですよね。

橋の上から下を見下ろすと、カモメがウジャウジャ。

アサリもウジャウジャ。

この辺りは、漁師さんの漁場です。

稚貝を放流してるので勝手に貝掘りしてはいけませんが、
周辺のコンビニ等で入漁料を払えば一般人も参加OKです。

でも、近所のスーパーで砂抜きしたやつを安く売ってるので
そっちを買うのがリーズナボー。

更に移動して、ラグーナ蒲郡を一望できる
山の上にやって来ました。

道は、かなり細くて急勾配な上、ウネウネしてたので
迷いながら、やっとこさたどり着いた感じです。

ラグーナ蒲郡の遊園地エリア、ラグナシアがよく見えます。。

奥の三角形の屋根と観覧車は、商業エリアの
フェスティバル・マーケットです。

ヨットハーバーでは、皆さん出廷の準備に忙しそうです。

ラグーナ蒲郡にやって来ました。

ここはフェスティバル・マーケットのテラス。

ヨットを眺めながら、各お店で買ってきた料理やお弁当を
持ち込んで食べる事が出来ます。

横浜のベイサイド・マリーナに似てますが、
あっちより敷居が低いので遊びに来やすいです。

敷居とは駐車場や食事代の事。

バイクは無料。
クルマも1時間以内無料なので、ちょっとした買い物や食事なら
お金がかかりませんし、私は1時間毎に料金所を出て入り直してます。

食事もベイサイド・マリーナに比べると庶民的な値段で◎です。

横浜と違って駐車場もどこか空いてるので、一度出たら
停め場所が無いという事はありません。

ここの呼び物のひとつ、おさかな市場。

鮮魚店や、えびせん屋など、海産物を扱う
お店が並んでます。

タレにじっくり漬け込んだイカ焼きがお勧め。

アツアツの焼きたて一匹を、はさみで細かく切ってもらい
マヨネーズを付けて食べると、ほっぺが落ちます。

今日はたこ焼き。

朝早くに朝食を取ったのでもうハラペコ。

これも旨い。
やけどしないよう、ゆっくり頂きました。

さて、お腹も満たされたので、ラグーナの南側にある、
大塚海浜緑地までお散歩です。

あっちに原付や自転車が無造作に停めてあります。

何だろう?

おー!
皆さん、やってますねぇ。

ここは、県が整備し、ラグーナの運営会社が
委託管理している公園です。 (勿論、入場無料)

だから、入漁料を払わなくても貝掘りOK?みたいです。

こーんなに広いです。

貝殻だらけなので、素足で海水浴は無理っぽいです。

歩くと靴の下でバキバキ音がします。

この前来たときは、オフロードバイクのミニコースを作って
子供の草レースやってました。

ここまで来ると、渥美半島の風車が近くに見えます。

波静かな三河湾なので、ヨットも気持ちよさそうですね。

いい景色です。

人が少なく、最近お気に入りの場所です。

すぐ横の遊園地周辺は開園を待つクルマで
ごった返してるんですが、
ここは別世界みたいに静かに時間が流れています。

遊園地の営業が始まったようです。

大塚海浜緑地からもジェットコースターが見えます。

さっき、この辺りの全景を撮影したのが、
あの崖に張り付いてる階段です。

いつもこの場所から、あそこを見上げて、
どうやったら行けるんだろう?
どんな景色が見えるんだろう?  
って考えてたんですが、今日行くことが出来て満足です。

変な道だったので次回も迷いそうです。

バイク置き場に戻ると、ガラガラだった二輪スペースに
自転車が随分増えてました。

バイトの高校生なんかが乗ってきます。

結構危険な感じです。

そろそろ退散する事にしましょう。




前に戻る