茶臼山ツー の巻

2008年8月13日

愛知県に来て早くも10ヶ月が経ちました。
今回、初めてのマスツーリングです。

当HPで参加募集をかけたところ、自分を含めて
5台のエントリーがありました。

それぞれ、仕事や家族行事など、直前まで調整に苦労されて
やっと集まる事が出来ました。

さてココは、集合場所に指定した豊田市のとあるコンビニ。

言い出しっぺですから集合時間の15分前に着きましたが、
既にkanzoさんと、Mさんが到着されてました。

うーん、 面目なし。

集合時刻には全員が集まり、お互いにバイクをチェックしながら
GS談義に花が咲きました。

集合場所はもう1つ、茶臼山の麓にも設定しました。
静岡県島田市からお越しのnakacyanさんと、豊橋市の
Mさんは、そっちが近いのですが、みんなと走りたいという
熱い思いから、わざわざ豊田市までお越し頂きました。(感謝)

それでは、スタート!


三河の道に詳しいkanzoさん (黒) に先導してもらって、
夏休みで交通量の多いR153を進みました。 
(kanzoさん、ホント助かりました。)

いや〜 前にも、後ろにもGSが何台もいる。
黒、赤黒、青白、各色揃ってるし・・・

滅多に他車を見かけないGSユーザーとしては、
走っているGSをじっくり観察できてちょっと感激です。

普段、停止した自分のバイクをながめる事しか出来ないですが
人が乗って、走ってるGSは、かなりカッコイイんですよね。
(自画自賛?)

などと考えてるうちに、道の駅、どんぐりの里いなぶ に到着。
トイレ&水分補給の休憩を取ります。

バイクが少ない愛知県ですが、チラホラ来てますね。

そこに、5台のGSが並ぶと、ちょっと存在感があります。


ズラリ並んだ、GSのボディー。

T型、U型でタンク形状が異なるのは勿論ですが、
カラーリングでも随分と雰囲気が違って見えます。

実際に、現物を見比べてみると、ちょっと悔しいですが
赤黒には他に無い高級感というか魅力を感じてしまいます。

カタログ写真を見ると、ヨシムラ・カラーかぁ、 としか
感じなかったけれど、実物はかなり雰囲気がいい。

nakacyanさんは、ウェアもヨシムラ・カラーで揃えていらしたので、
更に一層、雰囲気の良さが引き立つ感じで良かったですね。 

こちらも青白のウェアが欲しくなりました。 
(お小遣い貯めよう!)

自分は唯一、暑さしのぎでペラペラの綿100% \3,980の
生活ブルゾンを着てきた事に後悔。

そして改めて、ヨシムラのカラー・デザインは、
良く考えられてるなぁ、と見直した次第です。

(食わず嫌いだったヨシムラ・カラーが好きになりました。)


この写真では、後ろにGSX-Rがいますね。
申し訳ないけど、存在感ではGSに分があると思います。
(赤黒は一層、目を引きますね)

どうしてもSS系は小振りなので、線が細いというか
重厚感が薄くなってしまうんですよね。

勿論、峠はSS系の天下ですけど。

趣味の乗り物バイクは、性能や先進的なデザインだけでは
語れない奥の深さがありますので、GSという選択肢は
十分アリではないかと思います。

そういう自分は、そのむかし、今で言うSS系と言いますか、
'88年式 GSX-R750に乗っていたので、
SS系、実は好きなんですけどね。


さて、どんぐりの里を出て、10〜15分、第2集合場所に設定した
アグリステーションなぐら に到着。

あれれ?
そこの見覚えあるHBカラーのGS。  

エ゙〜!

何と、たーさんが東京からの飛び入り参加。

ちょっと凄すぎる〜。

そして皆さん、たーさん号のコックピットを見て更にビックリ。

ナビは勿論、怪しげなスイッチBOXとか、電動ファンとか、
色々付いており、カウルの中は、たーさんワールド全開!
って感じですから。


6台のGSが一角を陣取ると、存在感が更に大きくなります。

古いカワサキ乗りのグループが遠巻きに見ておりました。
こういうのに乗る人達はGSにも何か感じるものがあるのでしょうか。

ここで、早めの昼食を取り、腹ごしらえをしてから
茶臼山へ登ります。

食事中は、たーさんのHPに掲載されてる
小説の話しなどで大いに盛り上がりました。

ところで、皆さん色んな銘柄のタイヤを装着されてますが
一番太く見えて、迫力があったのは、ナント!
nakacyanさん(写真左上 赤黒) のOEMタイヤ
(ダンロップD207) でした。

次はダンロップの同系列を買おうかな、
などと思ったのは私だけではあるまい。


そして、実に走りやすいワインディングを駆け登って
本日の目的地、茶臼山に到着。

電光掲示板には24℃と出ていて、とても涼しい所です。 
(この日の名古屋は33℃の予報 = これでも名古屋は涼しい方)

それにしても皆さん、色々苦難を乗り越えて、こうして集まることが
出来たのでいい顔してますね。  
(お顔は軽くボカしてますがご容赦を)

一眼レフ持ってくれば良かったと後悔。

たーさんは、遠方という事で記念撮影をしたら、
一足先に帰って行かれました。 (お気をつけて〜)

でも、たーさんが、みんなと一緒に居られたのは1時間程度だったかな?
走ったのは茶臼山の登り20分程度。

そのためだけに何時間も、何百kmも走って来られた
たーさんの熱い思いに一同が脱帽でした。


涼しい茶臼山で、しばしGS談義の後、R151で南下し
流れ解散という事にしました。

途中のワインディング区間でMさんが先頭に出て
熱い走りを堪能。 

自分も付いて行こうか迷いましたが、思い留まりました。

だって、MさんのGS (写真左前の赤黒)、
タイヤの溝が端まで綺麗に無いんですもの。(溶けてるし・・)

この後、そんなMさんともお別れし、kanzoさん、甲羅さんと
本宮山スカイラインに寄って軽く走りを楽しみました。

そのあと、くらがり渓谷で食べたかき氷が旨かったなぁ。

そして岡崎市で、完全に解散となりました。   おしまい。

最後に、みなさん楽しい1日をありがとうございました。

遠方から参加された、たーさん、nakacyanさんの熱意には
感服致しました。 

また企画したいと思いますので、その時に再会出来ることを
楽しみにしています。  (次回は東西合流か?)




前に戻る