名古屋探検ツー の巻

2008年4月20日

今日は名古屋の探検です。
今日のお供は、都会での頼もしい足、ビーウイズ。

小さくて、速くて、荷物も積めて、重宝します。

ここは名古屋まであと数百メートルの、豊明市という所にある
桶狭間古戦場公園です。

そう、桶狭間の戦いで知られる、あの桶狭間です。

ところで、桶狭間の戦いって何だっけ?

それは今から450年ほど前、尾張 (愛知県西部) の覇権争いで
対立していた織田信長と今川義元の、今で言う内戦です。

織田信長(27)はこの戦いで今川軍の僅か1/10の勢力で、
今川義元(42)を討ち取ったという事で後生に大勢の
信長ファンを作る事になりました。

まあ、そんな感じです。

この写真は気の毒に、やられてしまった今川義元の墓です。
元々は塚だったのを明治9年に墓石を置いて整備したものです。

この場所で織田軍の奇襲攻撃に遭い、戦死したとされますが
もう一カ所、すぐ隣の名古屋側にも、今川義元の戦死地とされる
桶狭間があり、今となっては何処で討ち取られたのかは分かりません。

そんな教科書でサラっと読んだことのある歴史的メジャーな場所が
思いがけずあったりします。

しかし、大将が死ぬとどうして一気に衰退するんだろう?
信長の10倍もの今川軍はどうして頑張れなかったのだろうか?

アルカイダはフセイン処刑とは関係なくテロを続けているが・・
当時の日本人の精神構造が理解できない。

そんな事を悶々と考えてるうちに名古屋に着きました。

どできゃービルがようけ立っとって、ちいとばかし都会っぽくにゃーか。
(大きなビルが沢山立っていて、ちょっと都会っぽいでしょ)

目の前が新幹線のホームです。
手前のホームに新幹線が来るのを待ってたけどなかなか来ないのであきらめました。

スッキリとした名古屋駅前ですが、ビーウイズも写してやろうと
もう少しローアングルにすると・・・

どひゃーっ! 放置自転車の嵐。

まあ、駅前なんて何処も似たようなもんです。

毎回思いますが、カメラアングルって重要ですよね。

逆方向に目を向けると、ビックカメラがあります。

今日の目的の1つ、カメラのレンズクリーナーを
買いに来ました。

ですが、まだ9時半、開店の10時まで時間があるので
名古屋駅を探検しに、あのビルの下へ潜入します。

名古屋駅ビルの真ん中、高島屋前の広場です。

開店5分前、ということで大勢の人達が待ちわびてます。

で、意外だったのが開店して、大勢のお客が店に流れ込んでも
この人混みは解消されませんでした。

待ち合わせ場所に利用する人が多いみたいです。

管理人は、高島屋のデパ地下へ潜入し、まだ以前ほどの量産体制に
なってない赤福を並んで買いました。  かなり人気ありますね。

東急ハンズもありますが、高いので見るだけです。

キヲスクも名古屋土産がいっぱいで楽しかった!(赤福は置いてない)

この後ビックカメラでレンズクリーナーを買って
ヘッドホンの聴き比べをして遊んでました。


お次は、名古屋市民の、そして愛知県民の誇り、
100m道路です。

丸々、100mの道幅をクルマが走ってるんじゃなくて
真ん中は綺麗な公園になっています。

札幌の大通り公園と似てますね。

タワーまでそっくりで、どっちが本家なんだろう?

どこかのウナギ屋みたいに、あっちが本家なら
ウチは元祖だ! なんて張り合うと面白いかも。

目線を移動すると、綺麗な噴水があって
その前でロックンロールのお兄さん達がパフォーマンスの
準備中です。

暑いのに革ジャン着て、ポマード付けてご苦労な事です。
かなり近寄りがたい雰囲気を漂わせてますが
普段、会社で働いてる姿を見てみたくなります。

続いては、名古屋の下町、大須 (おおす) 界隈です。

ウロウロしていたら、こんなブタさんマークのビルに出くわしました。

実はココ、あの味噌カツ発祥の店、矢場とん です。

店の名前は矢場町という地名に由来したものと思われますが
住所は大須。 
道を挟んだ反対が矢場なので、移転したんでしょうね。

銀座にも出店してますが、有名店にしては適度なお値段と
どこにも負けない美味しい味噌ソースが魅力です。

いつも長蛇の列なんですが、2時という事もあって
列がありませんでした。

なので迷わず、お一人様、ご入店で〜す。

待つこと数分、出てきましたロースとんかつ。1050円

キャベツも大盛りで、美味しく頂きました。

隣のお姉さんも、管理人のマネして写真撮ってましたね。

でも、お姉さんのはもっと高級なヒレカツでした。

管理人も昔はヒレの方が絶対に旨いと思ってましたが
ロースの適度な脂身は、美味しさを増幅させる風味を
持っている事をNHKのガッテンで知り、以来ロースも
食べるようになりました。

それにしても、衣にたっぷり染み込んだ味噌ソースは
塩味も適度で実に美味しいです。

他店でも味噌カツは食べましたが、さすが人気店のものは
ソースにクセが無くて良く研究されてます。
大抵がミリンのキューンと鼻に抜ける感覚があるのですが
ここのは、実にマイルドでいいんですよ。

お腹が一杯になったら、お散歩の続行です。

ここは、大須の中心地、大須観音です。

鳩が人によく慣れていて、踏みつぶしそうです。

本堂の中を見ましたが、観音様は見あたりませんでした。
もったいつけて、どこかに隠してるんでしょう。

大須観音と商店街は持ちつ持たれつの関係です。

だから、本堂のすぐ脇と商店街がつながってます。
境内も、買い物客が通路代わりに通り抜けてゆきます。

その中にはちょっと立ち寄ってお賽銭を投げてく人もいます。

写真で見ると小さな商店街っぽいですが、結構立派なもんです。
しかも、お客が多くて、ごった返してる。

最近は、郊外にイオンなどが進出して都心部の商店街が
すたれ気味ですが、大須は活気に満ちあふれてました。

マンションに商店街の宣伝が描かれています。

なかなか派手な広告です。

そして左手には、きしめんの看板が・・・

実に名古屋してます。

大須は観音様と門前町だけではありません。

アキバチックなお店もチラホラあります。

中古品や質流れ品をあつかうディスカウント店もあります。

ブラジル人でごった返す、料理屋もあります。

東京のアキバ、御徒町、浅草を混ぜ合わせたような・・
ゴチャゴチャして面白い所です。

もう一つ、大須のいいところ。

中心部に大須公園があるので、お店巡りに疲れた体を
静かに休める事が出来ます。

周辺のテイクアウト店で買った飲み物や軽い食べ物を
みなさん、の〜んびり召し上がってます。

この通り、花見だって出来ます。
この時期、桜じゃないと思うけど、何の花だろう?

若い女性が多いです。

マナーが良いのか、誰かが面倒見てくれてるのか
人が多い割に、ゴミが無くて綺麗な公園です。

客層もまともな人が多くて安心感があります。

栄という所が歓楽街らしいのでそっちは危ないのかな?

さて、帰り道にバイク用品のレーシングワールドを覗こうかと
思っていましたが、大須から抜け出す際、ルートを間違えてしまい
レーシングワールドの前に出ることが出来ずに、岡崎まで
戻ってきちゃいました。

レーシングワールドはまた来ます。

ところで、ココは徳川家康の実家、岡崎城がある岡崎公園。
今日は戦国の有名人が目白押しですね。

だけど、今日は家康さんではなくて、公園の目玉です。
ここは今の時期、藤棚が見事なんですよ。

大規模な藤棚です。

花は咲いてますが、まだこれからって感じです。

最終的には花房が1m位にまで大きく成長するそうです。

5月の始めが見頃だそうなので、あと少しです。

茶店とベンチがあるので、満開の頃、ココに座って
飲み食いすると楽しそうです。

八巻のオヤジさん、サンダル履きで近所の人っぽいですね。
管理人もビーウイズですぐだから、また来ます。

ということで、歴史、食べ物、買い物、観光、と
楽しみが沢山あって、なかなか充実した一日でした。



前に戻る