豊川稲荷と浜名湖 の巻

2008年2月24日

例年、2月ともなれば暖かい日が時々現れますが
今年は寒い状態に貼り付いたままです。

バイク乗りには辛いですが時々エンジンをかけてやらねば
なりません。

今日は自宅から40分ほどの豊川稲荷に来ました。

商売繁盛で有名な所ですから本殿も立派です。

本殿に近づくと大きな提灯が目に入ります。

お賽銭を投げて家内安全を祈願していると奥から信者が唱える
般若心経が聞こえてきました。

あれ? 神社でお経?
周囲を見渡すと、どこかの掲示に「妙厳寺」と書かれてます。

ここはお寺だったんですね。

でも、お寺なら仏教、仏教ならお釈迦様。
お稲荷さんとはどういう関係?

豊川稲荷をお参りした後は待望の浜名湖です。

本坂峠と言う道があり、有料のトンネルがありますが
ここは敢えて、古い峠道へ行きます。

頂上に小さなトンネルがありました。
ネット検索したら心霊スポットで人気あるそうです。
まあ、古いのでいい雰囲気ではありましたが
この手の場所で幽霊なんて見たこと無いです。

子供の頃、枕元に出たお姉さんが一番怖かった〜。
今だったら意外と嬉しいかも・・。

で、道は狭くてとても楽しめたものじゃなかったです。
素直に有料のトンネルが良いかもしれません。

三ヶ日から見た浜名湖は、まあ、こんな感じ。

以前、会社の人に連れてきてもらったウナギ屋さん
「一休」の場所を確認してUターン。

途中、展望台の看板を見つけてミカン畑の農道に
入りました。

ミカンの間から見える浜名湖ものどかでいいかも。

道は更に怪しげな方向へそれます。
かなりヤバそうな気配、大丈夫かな?

予感的中!

リッターでオフロードはしんどい。
というか危ない。

場所により道は雨でかなり掘れてました。

終点までもう少しだけど、バイクを置いて歩きます。

この場所は大したことないが、
全体的にかなり勾配がキツイので帰りは苦戦しそうだ。

しかも道が掘れちゃってる所は、はまったら
即ひっくり返りそうだから、帰りを考えると気分は結構、憂鬱。

ほどなく、駐車場に到着。

道に似合わず、かなり広い駐車場ジャン。

奥のちょっとした高台に展望台がチラっと見えます。

行ってみます。

結構、立派ジャン。

登るべし。

おーっ!
すごいぞ!

かなり高台にあるはずの浜名湖SAが見下ろせます。

遙か彼方に浜名湖大橋も見えます。

写真には写ってませんが、浜松駅前の高層ビルもよく見えます。

大型バイクには辛いが、いい所です。

こうやって見ると、浜名湖沿岸の地形は複雑だ。

かなり リアスチックです。

それから、ネット検索したら、ココは夜景がスゴイらしい。

http://view.adam.ne.jp/setoy/pic/tokai/okuhamana.html

あの広大な駐車場はカップルのためにあるのか?
昼間は誰もいないが夜はクルマで一杯なのか?

湘南平みたいな感じかな。
あそこは昼間も人が多いが。

さて、やっぱり帰り道が大変。

急勾配のオフロードはリアだけでブレーキかけると
当然ながらすごくスリップします。

ビビらずに、フロントもやんわりかけてやりますと
意外とスムースに下れます。

でも腕に力が入って緊張しまくりでした。
特に掘れてる所は泣きそうでした。

BW'Sで来れば、さぞ楽しかった事でしょうに。
オンタイヤに履き替えたのが悔やまれる。

大型バイクは下に止めて、15分ほど歩いた方が幸せです。



前に戻る