川奈へ釜飯ツー の巻

2007年4月29日

指折り数えて待ちに待ったゴールデンウイークです。

今日は伊豆の川奈へ釜飯を食べに行くという事で
このHPでも参加募集をかけました。
しかし残念な事に、皆様、今回はお仕事やご家庭の都合等で参加出来ず
管理人とR1のT氏で寂しく? 2台の出走となりました。

いえいえ 参加出来なかった皆様の分も楽しんで参りますよ!

で、ここはいつもの西湘PA。 (AM8:00)
GWだけあって、かなりごった返しております。

飛び入り参加の方がいらっしゃるかと思い、バイク駐車場の一番前に
陣取りました。(画面右) 

あれ?もう一台、青白のGSが先に来ていますね。(画面左)
もしや、飛び入り参加の方? と思いきや別のグループの方でした。

T氏が来るまで時間があるので、缶コーヒーを買ったら
ちょっとブラついてみます。

オッ、いますねスーパーセブンの一陣。
今日は天気が良く暖かいのでこのクルマも気分いいでしょうね。

そのあと、階段に座ってまっぷるを見ながらのんびりコーヒー飲んでたら
T氏が現れました。

それでは出発です!




小田原〜湯河原は山道で軽くウォーミングアップ。
GS君、今日も素直なハンドリングで楽にコーナーをこなしてくれます。

チェーンやホイールまでピカピカに磨いて来たので何となく気分が良いです。

湯河原〜熱海は海沿いの有料道路でのんびり景色を楽しみました。

熱海でちょっと休憩です。

目の前の道はクルマやバイクであふれかえってますが
ヨットハーバーはいつも通り、のんびりとした時間が流れてます。

いつ来ても良い場所です。

ヨットハーバー前の広場でT氏と管理人です。

GWも始まったばかりだし、天気が良くて浮かれてます。

今日はここにバイクを置いて、市内を徒歩で探検してみます。

町中に温泉が湧いていて、そこでゆで卵が作れるそうです。
卵は向かいの酒屋で売ってるそうです。

まずは、そこへ行ってみます。



ハンディナビとまっぷるを頼りに歩くこと10分。
ありました、小沢の湯。

写真中央の黒っぽい溶岩の中に穴が空いており
そこから熱い蒸気が噴き出してます。

そして、画面左下のざるを使って卵を吹き出し口に
入れるみたいです。

それじゃあ、やってみよう! って向かいの酒屋閉まってるじゃん。
ここまで来て卵買えないのかよぉ〜。

まあ、次回の楽しみに取っておきましょう。

でも画面右、円柱状の丹那トンネルの湧き水飲み場で
水だけいただきました。 
それ程旨いと感じなかったけど、ゆで卵となら相性が良いのかも。


今見た小沢の湯を含め、このあたりには熱海七湯と呼ばれる
温泉の噴出口があります。

続いて風呂の湯&水の湯が近いということで、行ってみます。

歩くこと3分で到着しましたが、既にここは枯れておりました。(残念)

さて、次は本日のメインイベント、川奈の釜飯です。

人気店なので、お昼に着いたのではかなり待たされます。
先を急ぎましょう!


イヤ〜、道すごく混んでました。

でも、バイクってすり抜け出来ちゃうから、鬼の様な渋滞でも
狙い通り11時、「海女の小屋 与望亭」 に到着です。

すでに沢山のバイクが来ています。

1階の受付に名前を書いたらすぐ呼ばれました。(早く来て良かった)
外でたばこ吸ってるT氏を置き去りにして
目の前の海が見渡せる2階の座敷に案内してもらいました。

釜飯は注文してから炊くので25分ほどかかります。
だから、早く到着して丁度良いのです。




先に、サラダ、小皿(お新香、梅くらげetc)が出てきますが
釜飯を待ってる間にみんな食べてしまいました。
そして釜飯の登場! 管理人はホタテ、T氏はウニの釜飯です。

二人で半分こしましたが、ホタテの方が旨いということで合意です。

このセット、2100円と ちょっとお高いですが、先のサラダ&小皿に加え、
海草いっぱいの味噌汁、刺身、あんみつも付いてます。
どれも旨いので管理人は大満足でした。


食後は小室山がツツジの見頃なので行ってみましたが
ものすごい渋滞でバイクも進めないので断念。

次の目的地、大室山へ向かいました。

ここは往復リフトなので楽です。(420円)
見る見る視界が広がってゆく様は結構楽しいですね。
リフト沿線に植えられたツツジも満開で良い感じです。

徒歩での登山は出来ないようです。

写真は空を大きく撮し込んでしまったので
露出不足で見づらいですね。 (写真撮影は難しい)


頂上に到着しました。
そこは強風が吹き荒れておりました。

しかも、暖かい地上と違って寒いの何のって、バイクジャンパーなど
着てないクルマで来た人たちはとても辛そうでした。

しかし、鯉のぼりが元気良く出迎えてくれてます。
何となく、我々も嬉しくなります。 
(日本の5月の空は鯉のぼりがよく似合いますね)

それにしても今日は、後ろに富士山も見えており、
絶好のツーリング日よりですね。

さて、カメラの向きを180度変えると、大室山の噴火口が見渡せます。

噴火口の中に点々と列んでいるのはアーチェリーの的です。
1時間1000円 (二人なら1600円)なので結構リーズナブルかも。

きっと、このすり鉢の中は風も無く暖かいのでしょうね。
この後すぐに満員になっちゃいました。 (意外と人気あります)

そして、向かいの峰に小さく点々と見えるのは人。

我々もあの点々となるため、あそこを目指して歩き始めます。


ゆっくり歩いても10分かからなかったかな? 噴火口の反対側に到着です。

リフト乗り場が見下ろせます。 (ゲ! 結構列んでるジャン)

その向こうには伊東の街が見渡せます。

大室山はミニ火山ですがそれでも景色のスケールが
大きく感じられます。


火口の一番高いところで富士山をバックに記念撮影。

何故かT氏、いつもガッツポーズです。

このあと、伊豆スカイラインでワインディングを軽く
楽しんで亀石PAに到着。 (クルマが多くて不完全燃焼気味)

右後ろのサスがオイル漏れしてるせいかコーナリング中に
ギャップを乗り越えると揺れが変です。 (リアがねじれる様な感覚)
まあ普通に走れるし、お金がないので気にせずそのまま乗り続けます。

ここでお土産を物色。
いつも申し上げますが、管理人は家族の反対を押し切って
バイク遊びしてるんで、ゴマスリ必修です。。

以前、ここで買ったパウンドケーキが激ウマだったので
楽しみにしてきたのですが、もう売ってなかった。 (残念)

仕方ないので、よく売れてるという札の付いた草餅を買いました。
 (意外とカミさんと我が家の3歳児に受けました)

家までもうひと踏ん張り、安全運転で残りの帰り道を楽しんで参ります。




メニューに戻る