朝の横浜 の巻

2006年9月10日

ツーリングといえば海、山など自然がいっぱいの場所が
定番ですが、今回は、大都会横浜。

厚木を朝6:30に出発して、わずか50分、7:20に到着。

この時間だと人もまばらなのでちょっと失礼して
バイクを遊歩道に乗り入れて記念写真。

朝早いので、建物の陰が延びて
このあたりはまだ日が当たってない。


インターコンチネンタルホテルを望む海辺の公園で
朝食にしました。

観光客が押し寄せる前のひとときを地元の人達が
ジョギングや散歩をして楽しんでました。

日が昇るにつれてどんどん暑くなってきます。
このあたりもあっという間にカンカン照りになってしまいました。

眺めのよい日陰はすでに早起きさん達に押さえられており
管理人はちょっと眺望の悪い運河横の日陰に移動。




のんびり朝食を食べたら移動開始です。

レンガ倉庫がすぐそばにあるので、続いてここで記念撮影。

朝早いと人がいませんね。
この広い空間が貸し切り状態です。

綺麗な写真が撮れました。

以前、整備される前は落書きがひどくて荒れ果ててましたが
ずいぶん綺麗になったもんです。

実は、今回の目的地はココ大桟橋です。

ここも、整備が進められてましたが、以前レンガ倉庫から
見たら、上の方に芝生の公園らしきものが見えたので
どんな所か気になって見に来ました。

まずは手前のバイク置き場にGS君を停めて
歩いて大桟橋の頂上を目指します。

それにしても、大桟橋、巨大です。
目の前に山がそびえているような感じです。

ココに接岸する客船も巨大ですからね。

広々としたウッドデッキの歩道が続きます。

足に伝わる振動が柔らかくて心地よいです。

ここでターミナルと、屋上の広場に道が分かれます。

管理人は右へ進み、上を目指します。


到着! 

この通り、大桟橋の上には広大なデッキスペースと
芝生の広場が広がります。

起伏があって何とも不思議なエリアです。


さっきまでいた みなとみらい地区が一望できます。

芝生に寝ころんでマッタリしたいところですが、
ココ、日陰がほとんど無いんです。

日差しはどんどん強くなり、30分も寝ころんでたら
日干しになりそうです。

目線を反対方向に向けると、この通り、
山下公園だって一望できます。

木々が生い茂り、なんとも涼しげ。

あっち いーこおっと。

ということで、あっという間に移動完了。
このあたり、観光スポットが隣接してるので
移動は簡単ですね。

こういう移動はバイクがとっても便利。
子供達が産まれる前は、時々ビッグスクーターで
カミさんと遊びに来ましたね。

子供が大きくなったら子連れでツーリングかな?

それにしても、海がよく見えるこのあたりは日陰が無いのね。

カップルの指定席はズラッと空いてます。
夕方にはビッシリ埋まるんだろうな。

いやー 暑くて座ってられないっス。

さて、対岸の大黒埠頭へ移動します。

只今、ベイブリッジで海を横断中。

この道は首都高の下を走る国道357号線。
無料ですが、原付は走れません。

折角ですから、ちょっと路肩に停めて景色を
ながめてみましょう。


横浜が見渡せます。
片側1車線だから橋の半分は床がありません。

お金払ってない分、骨組みがじゃまで、
上を走る首都高みたいな開放感は無いですね。

でも、屋根が付いてるからちょっと涼しいかも。


しかーし、こうやって真下を見下ろすことができます。

ウッホー! 高いぞ!
さすがベイブリッジ、足がすくみます。

大黒埠頭の先端にある海釣り公園に到着。

結構のんびりした雰囲気で管理人お気に入りの場所です。

もう、咽がカラカラで、管理棟で500ccのミネラルウォーターを
買いましたが、軽く飲み干しました。

豪華客船が入港してきました。
さっきの大桟橋に接岸するのかな?

釣り客の目の前を客船が通過してゆきます。
いやー デカイ!

有料の釣りエリアは赤灯台の近辺のみ。
ココは公園の遊歩道ですがココから釣ってる人も多いですね。

有料エリアだとやっぱりよく釣れるのかな?

時刻は9:30 さあ、家に帰る時間です。
もうちょっとゆっくりしたいですが、帰路に就きます。


メニューに戻る