丹沢 宮ヶ瀬ツーリング の巻

2005年9月10日

今日の午前中は相模川の河川敷で子供と新幹線見物。

ここでのんびりしようと思ったけど9月なのにまだ暑くてかなわん!
それでも炎天下で30分くらい頑張って新幹線をながめてました。

子供は暑さなんて関係なく新幹線が通るたび、この通り熱心に
見つめて歓声をあげておりました。

途中、たまらずクルマから雨傘を持ち出して日よけにしました。
周囲から見ると変ですが、傘ってすごく涼しいのね。

このあと、HARD OFF でプラレールの中古品を物色し、サイゼリヤで
昼食を済ませるなど、つつましく午前は終了。

さて、午後の部。
子供が寝たスキに我が家から20分ほどの所にある宮ヶ瀬ダムへGO!

このエリアは色々楽しめる場所があるのですが、最近ライダーに
人気なのがココ、「鳥居原ふれあいの館(いえ)」。

以前は「水の郷」という土産物屋が建ち並ぶ宮ヶ瀬の中心エリアが人気
だったのですが暴走族が占拠し、治安が悪くなったみたいです。
そこでバイクは全て閉め出され、こちらへ移ってきたのが実状みたいです。

その代わりココは広大なバイク専用の駐車スペースが用意され
週末には多くのライダーが集まってきます。
画面左の人が集まってる所がバイク駐車場。

ただ、新たなバイクが入ってくるとみんなの鋭いチェックが入るので
小心者の私は今日だけクルマ置き場の端っこに停めさせてもらいました。

どうしてかって?
今日は何となく皆さんの視線を強く感じたもんで。
自意識過剰か?

三角屋根がシンボルのふれあいの館です。
いわゆる土産物屋さんで、地元野菜の販売、食事も出来ます。

この辺りの伝統工芸品なのかな? 組みひも の体験マシンがあり
誰でも気軽に手回し式の機械でカラフルなひもを編み上げる事が出来ます。
女性や子供に人気。

一人30cmまでって書いてあるのにどっかのオバサンは1mくらい編んでました。
無料だからってそんなにがめつくしなくても・・

ふれあいの館の前にある庭からの眺望。

遊歩道が完備され、鳥のさえずりを聞きながらのんびり散歩出来ます。
でも、かなり高低差があるので1周すると結構疲れます。

これだけの高低差です。
疲れそうでしょ。

しかし、この階段、一度踏み外したら一番下まで転げ落ちそう。
とっても危険な予感。

だから危なくて真ん中は絶対歩けない。
写真の家族連れも必死に手すりにしがみついてます。
お父さんは振り返って高さを確認し下からみんなを見守ってる。

話は変わって
右上に宮ヶ瀬湖を周遊する船が見えますが、右下の桟橋にも
やってきたように思います。

今の階段から少し奥に行くとこんなモニュメントがあります。

ひもを引っ張ると2回鐘が鳴って、真ん中の噴水がもっと大きく
吹き出す仕掛けになってます。

さっきの家族連れが登ってきたのが見えますが
鐘を鳴らして無事を喜んでました。

私も次回は子供と一緒にひもを引っ張ってやろうと心に誓いました。
(一人じゃちょっとできない)

ふれあいの館の庭でみんなくつろいでます。

景色はよいのですが見ての通り日陰がないから今日みたいに
暑い日は結構辛いです。

3時半を過ぎてましたがライダーのみなさんは大勢来てました。

運が悪いと暴走族と遭遇してしまうそうです。

ここを追い出されると宮ヶ瀬からライダーの居場所が無くなってしまう。

ふれあいの館を後にして、近くの服部牧場に寄り道しました。

ココは動物と触れ合ったりアイスクリームを食べたり家族連れで楽しめます。
入場無料なので気軽に立ち寄れるところがGood。

今日は一人だし、時間も遅いのでパチリと写真一枚撮るだけにしました。

ココも次回、家族で遊びに来よう!

再び宮ヶ瀬ダムへ戻ります。

今度はダム本体を探検だ!

この写真は服部牧場へ向かう途中に撮ったもので、目指すは対岸。

ダムはバイクで渡れないから一度、ダムの下まで下って川を渡ってから
対岸まで登ってきます。

あー面倒くさー。

登る途中で一瞬、ダムの全景が見下ろせます。

うーん デカイ!

ダムサイトまでもう少しだ。

ハイ 到着。

さっき、対岸から撮影した場所は画面左の
チラッと見える道。

直線だと近いけれどグルッと遠回りして来たわけです。

バイクを停めて歩いて渡ってきた方が早かったけど
バイクと一緒にココまで来たかったのと、途中の道がちょっと
ウネウネしてるから楽しみたかったのであります。

さっきの遊覧船がいました。

往復1200円もします。
昔は1600円だったような気がする。

安くなったかもしれないけど、
乗ってみたいけど、
まだまだ高くて乗れない。

桟橋まで結構な高低差があります。

水面の高さに応じて桟橋は左右のレールに沿って上下する仕組み。

満水時に桟橋が目の前まで迫ってきたら是非見に来たいです。
きっとダムは最大放水で見ごたえありそう。
って言うか、そうなったら甚大な被害が出たり通行止めで来られないか。

逆にひからびたら、このレールは湖底までつながっているのか
確認しに来たいです。

さてさて、くだらないことを独り考えてる間に
やっとこさ、ダム本体にたどり着きました。
遠くで見ても、近くで見ても宮ヶ瀬ダムは巨大です。

これは インクライン という名のケーブルカー。
ダムの下まで行けます。

ダム建設中は資材をダンプカーごとコレで運んでたらしいです。
勿論、今より頑丈な台車だったんでしょうね。

300円しますがダムサイトの見学がオープンした当初は無料で乗れました。
ケチな私は有料化してから一度乗っただけ。

今日も乗らずに下まで降りてやる!

ダムからのながめ

県立あいかわ公園と結ぶロードトレイン「愛ちゃん号」が見えます。

人がマメ粒みたい。

ダムからのながめ その2

白くかすんで見えませんが正面は横浜方面になります。
冬場など空気が澄んでいるとランドマークタワーがよく見えます。

無料でダムの下まで降りる手段はコレ。
エレベーター!

ダムの中を通って降りてゆきます。

ちょっとワクワクします。

入り口はこんな感じで分かり易い。

5時半くらいで止まるので遅い時間に降りる場合、乗り遅れたら
帰ってこられないので要注意です。

いたって普通のエレベーター。

係員はいなくて子供でも操作できる。

一般開放中は途中の階で止まりません。

約1分でダムの底に到着。

外はとっても蒸し暑いのにダムの中は湖水で良く冷やされ
ちょっと寒いくらい。

この長い通路で外に出ますが、途中にダムの解説が掲示されていて
結構面白いのでじっくり読んでると時間がかかってしまう。

やっと外に出ました。

下から見上げるとやはり人がマメ粒みたいでダムの大きさというか
押し寄せてくるような迫力が感じられます。
これは実物を見ないと判りませんね

エレベーターは中央左の塔から降りてきます。
インクラインは見えませんが左の緑の斜面に沿って走ってます。

だけど、知ってました?
このダム、ウルトラマンネクサスの秘密基地 だった事を!
        
↑早く見ないと番組のHP消されそう

その名を フォートレスフリーダム と言いまして・・・
確か、中央の2つ穴の上が開いて クロムチェスター という乗り物が
発進していたと記憶してます。

この番組、もう終わってしましましたが、厚木のロケが多く、
観てると知ってる場所が出てくるので何となく嬉しかったですね。

5時ちょっと前、無事上まで上がってくることが出来ました。

場内はひっきりなしにもうすぐ乗り物が止まるから気をつけろって案内してました。
インクラインはすでに終了している模様。

それでも、エレベーターで下りてゆく人々が後を絶たない状況でした。

皆、無事帰還されることを祈る!





我が家から20分たらずの場所ですが、今日のミニツーリングは
結構濃い内容となりました。


以上!


メニューに戻る